オール電化での家造りのメリットとデメリットは?

オール電化にした場合のメリット

オール電化は電気しか使わないので、電気代以外の光熱費が掛からないのが最大のメリットです。当然ながらガスや灯油代が掛かることはありません。オール電化にした場合は、電気の使い方によって色々なプランを選べるので、夜中心に電気を使えば電気代が安くなり節約することもできます。災害時にはライフラインが止まってしまっても、太陽光発電システムを取り入れていれば、装置を切り替えることで日中太陽が出ている間は電気を使うことがでます。更に蓄電器を設置していれば、夜もある程度の時間まで電気を使うことができます。実際の例として災害時に太陽光発電システムがあるオール電化の家庭では、日中のみですが電気も使えお風呂にも入れたと報告があります。

オール電化にした場合のデメリット

オール電化はどうしても日中家電を多く使う家庭では、電気代が高くなってしまいます。また料理する際はIHヒーターを使用するので、普通の鍋やフライパンを使うことができません。IHヒーター専用の高価な調理器具を使わなければならないので、初期費用が高くなってしまいます。停電してしまうと太陽光発電システムが無い場合は、電気が一切使うことができません。停電などにそなえて太陽光発電システムを、設置しておく必要があるかもしれません。オール電化は設置コストが高額になっているので、家を建ててしまってからの切り替えは尚更工事代が割高になってしまいます。また太陽光発電システムを取り入れている場合は、太陽光パネルの耐久年数もあるので、メンテナンスや交換の費用が掛かる場合があります。

住み心地が良い住宅を選ぶためには何よりも間取りを重視することが大切です。住み心地の良し悪しに繋がる採光性や通気性に大きく影響する事柄なので、築年数や立地よりも優先して選ぶ必要があります。

© Copyright Same House Purchase. All Rights Reserved.