明るい家にするための間取りはどうする?

吹き抜けにして窓を大きめにする

日本の住宅事情の特徴は、隣の家との間隔があまり広くないところと言えます。そのため、南向きでも太陽が入ってきにくいことも少なくないでしょう。この場合には、明るい住宅にすることができないかといえば決してそのようなことはありません。工夫することによって明るい住環境に仕上げることは十分可能です。具体的な方法の一つが、吹き抜けにする方法です。吹き抜けにすることで、空間が広がると同時に南側の壁の上の方に大きな窓をつければ明るい日差しを入れることが可能になるでしょう。吹き抜けにする場所は、リビングが最適なります。リビングは、家族が集まる場所ですのでそこが軽ければ家全体の雰囲気も明るく感じるようになるにちがいありません。

窓の大きさだけではない!部屋を明るくする方法

一般的には、外からの光が入ってくれば、部屋の中は明るくなりがちです。確かに、外からの光をたくさん入れるために大きな窓を設置する人もいるでしょう。確かに大きな窓を設置することにより明るくなるのは間違いありませんが、その分費用がかかってしまうことも頭に入れておくべきです。また、通りに面している住宅は外から部屋の中が見えてしまいプライバシーの問題も出てくるでしょう。せっかく大きな窓にしたのに、常にカーテンを閉めっぱなしにしている住宅もありもったいない雰囲気が漂っています。

そこで、窓の大きさにこだわるだけでなく部屋の壁紙の色の工夫もしてみると良いです。基本的には、白い壁紙ならば部屋の中が明るく見える可能性が高くなります。おまけに、部屋の中が広く見えるメリットもあります。

© Copyright Same House Purchase. All Rights Reserved.