生活動線を重視した間取りの注意は何?

複数の目線からチェックする

一言に生活動線といっても、その具体的な内容は一つではありません。普段の暮らしの中で室内を移動する目的は、家事のためであったり身支度や通勤のためであるなど、タイミングによって全く違ってくるのです。このため一つの目線だけにとらわれず、様々な角度から生活動線を考えていくことが大切となります。例えば家事動線をメインにキッチンの位置を考えた場合、玄関との距離が重要となってくるでしょう。買い物をして帰宅した際、玄関からすぐにキッチンへと移動できれば重い荷物を持ち運ぶ手間が省けます。しかし通勤時の移動経路や来客時のことを考慮すると、玄関からキッチンに直結しているような間取りは適切ではないかもしれません。様々な角度から検証して、暮らしやすい間取りについて考えてみましょう。

衛生面も考慮して間取りを考える

生活動線に注目して間取りを決定すると、ついおざなりになってしまいがちなのが衛生面という観点です。図面で確認している時にはさほど気にならなくても、実際に生活を始めてみると衛生に関わる部分は暮らしの快適さにかなり大きな影響を与えます。トイレやバスルームなど、水回り設備の位置はしっかりと考えてから決める必要があるでしょう。特にトイレの位置決定は、失敗してしまうと後から強く後悔することになりかねません。リビングやキッチンから近すぎる、あるいは離れすぎていると色々な不便が生じてしまいます。来客中に気兼ねなく使用できるかどうかも、重要なポイントとなるでしょう。実際に生活しているシーンをイメージしながら、考えていくことが大切です。

© Copyright Same House Purchase. All Rights Reserved.