電気代がかかりにくい設備に何がある?

明るさと暖かさが得られる設備

家には屋根があるので通常は天井から明るさは入ってきません。窓から日差しを取り入れるか照明によって明るくするしかないでしょう。冬に暖かくしたいときも窓からの太陽熱の他は暖房で暖かさを得るしかありません。新たに家造りをするに当たってできるだけ電気の使用を抑える構造にしたいとき、どんな設備を入れると可能になるかを考えてみましょう。太陽の日差しは明るさも暖かさも提供してくれるのでこれを使うのが一番と言えそうです。効果的に窓を配置すれば、天井から明るさを得て昼間は照明なしで生活ができるようになります。窓を多くすると機密性に問題が出るときがありますが、二重窓など機密性の高い窓を採用すれば電気の使用が少なくても快適に暮らせるでしょう。

ヒートポンプの仕組みでお湯を作る

生活をする上でお湯は非常に大事で、お風呂に使ったり洗い物などにも使うでしょう。一般的な住宅ではガスでお湯を沸かす仕組みを使うでしょうが、オール電化住宅では電気を使って沸かすときもあります。新たに家造りをするときには少しでも省エネルギーの設備の導入したいのであれば、設備としてヒートポンプを使った湯沸かし装置を検討してみましょう。大気中の空気を圧縮すると温度が上がりその熱を利用すると冷たい水がお湯に変化します。ガスや電気をそのまま使う仕組みに比べると大幅に電気代を節約できますが、通常の湯沸かしの設備に比べると導入費用は高めになるでしょう。しかし、将来的にはランニングコストが減る分トータルの電気代は減らせるようになるでしょう。

© Copyright Same House Purchase. All Rights Reserved.